DVD買取をしてもらうならまとめて出すのがコツ

DVD買取のコツの一つとしてまとめて沢山一度に手放すという方法もあります。古いDVDの場合には買取金額がそれほど高くはなりません。場合によっては自腹で送料を支払う場合には送料のほうが高くつくという事もあるようです。

DVD買取で損をしないためにも

DVD買取をする際に損をしないためにもできることとして、古いDVDを手放すときはできるだけまとめて、数多く沢山売るという方法があります。送料が高くついてしまったのでは何のために手放しているのかわかりませんから、できるだけまとめて用意をしておいた方がいいでしょう。まとめて売ると送料を業者が負担してくれることもありますし、いくつかシリーズになっているような場合には揃えて手放したほうが高く買取してもらえることもあるので、できるだけまとめて手放すようにするとよいでしょう。

もしもケースが割れていたらどうなるのか

DVDにはケースがついていますが保存をしているときに、ケースが割れてしまう事もあるでしょう。割れるまではいかなくても傷がついてしまうという事もあるかと思います。ケースが割れてしまっていたとしても売れないとあきらめることはありません。とりあえず手放してみるといいでしょう。ケースだけなら業者が用意しているものに交換することもできますのでケース割れくらいなら買取可能な場合が多いでしょう。もちろんケースが破損している分価値が下がる可能性はあります。査定額が若干下がることはあっても買取をしてもらえないという事はないでしょう。ディスクに傷がある場合には、残念ながら買取してもらえないことがありますので、しっかりと傷の有無を確かめた上でDVD買取を依頼するようにするとトラブルなく買取してもらえるでしょう。

関連する記事